今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

競技用自転車は安全な歩道を走れ

▼前回記事で、競技用自転車が公道の安全・安心が脅かしていることを証明した。コメント欄に目を向けると、違反行為を正当化する未熟な輩(やから)が生息しているようだ。さらに「自転車は渋滞してても、車の左側抜けていけばいいだけ」とのたまう輩(やから)も出没した。

▼いいか、渋滞車両の左側を通行するのは危険だ。渋滞を回避するため突如ハンドルを切り脇道へ進むクルマがいるからだ。こうした行動はせっかちなドライバーにありがちで、周囲の安全確認を怠りがちだ。自転車の接近中に曲がれば、衝突されるであろう。

▼さて、当ブログでは自転車の歩道走行を推奨している。ガードレールや段差で車道から仕切られた安全な空間である。特に郊外の幹線道路は、自動車の交通量とは対照的に歩道の利用者は皆無に等しい。繁華街のように自転車による歩行者への危害を心配する必要もない。

▼写真(下)を見よ。前回記事の別カットである。車道の左端は自転車が走行できるスペースは十分確保されている。が、歩道に目を向ければ自転車通行可能を示した標識がある。歩行者の姿は見えない。車の脇を走るよりも歩道の方が快適に走行できるでないか。繰り返す。競技用自転車は歩道を走れ。


kiken_111
我が物顔で走る競技用自転車乗りにドライバーの平常心は失われた

| 00:36 | コメント:58 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ベルなし競技用自転車を起因とする交通事故加害者をつくるな

▼当ブログのコメントに「車道を走っている限り、ベルを使う機会も効果もないのです」という輩(やから)が出没した。驚天動地とはこのことか。5日に辞任した松本龍(元復興相)氏なら、「おまえはくそったれか!!」と乱暴な言葉で戒めるであろう。

▼いいか、ベルは車道走行で不可欠だ。交差点での巻き込み(左折)事故防止に絶大なる効果を発揮する。車の運転席からは左後方が死角である。原付バイクであれば昼間でもライトが点灯しておりエンジン音でわかるが、競技用自転車の存在に気付かず急ハンドルを切る車もあろう。

▼この場合、自転車側からベルを鳴らせば危険を回避できる。ベルを鳴らされたドライバーも自転車にお詫びの気持ちを込め感謝するであろう。ベルの音量は小さいから無駄だと?自転車のベルは意外と響くため、運転席までしっかり聞こえる。つべこべ言わずベルを取り付けろと言いたい。

▼とにもかくにも、ベルなし競技用自転車による巻き込み事故で、車のドライバーが加害者として制裁を受けるのは、国民の法感情として到底納得できない。車道走行においてはベルの有無が事故を左右する。ベルなし競技用自転車に対しては厳しい姿勢で臨みたい。

| 00:36 | コメント:13 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ベルなし競技用自転車に怒りの鉄槌(てっつい)を

▼前回の「ベルなし競技用自転車販売店を摘発せよ」記事に反響が寄せられた。コメントのなかに、警視庁HPの「自転車の交通事故防止」について「ブレーキなし自転車」の罰則に関する記載はあるが、ベル(警音器)については一言も触れられていないと、難癖をつける輩(やから)がいた。

▼「バカヤロー!!」と言いたい。ママチャリをはじめ自転車にはベル(警音器)が必ず取り付けられている。どの自転車店もベル(警音器)をきちんと取り付けて自転車を販売しており、それが世間の常識というものだ。

▼競技用自転車には、なぜかベル(警音器)が取り付けられていない。警視庁は、競技用自転車のような、ベル(警音器)がない自転車が公道を走行しているとは想像すらしないであろう。とすれば、HPであえてベル(警音器)設置を呼びかける必要はない、と考えるのが妥当ではないか。

▼埋もれた事実を明らかにした記事なのだ。当ブログの提言は「鋭い切り口」との評価をいただいている。ベル(警音器)なし競技用自転車を批判した唯一のジャーナリストでもある。公道の安全・安心を脅かす競技用自転車問題を国民目線で追及し、読者の心をつかんでいきたい。

| 20:07 | コメント:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |